pickup-envi.jpg

ecot-liq.gif

バイオの力で汚染を浄化!
環境に負荷をかけない有機物汚染対策商品。

エコットリキッドは最新のバイオテクノロジーを応用した最も安全で簡単な油汚染事故の処理剤です。油漏れ事故が起きた際に、希釈しスプレーするだけで、油汚染現場を無毒化し、油の分子構造を分解すると共に一方で地場のバクテリアを急速に増殖して、炭化水素を水とCO2に生分解します。

mini-特徴.png

  1. 100%生分解性なので、環境に負荷をかけません。
  2. 現地で短時間の処理が可能。
  3. 廃棄コスト、処理工数削減によるコスト削減。
  4. 処理が非常に簡単。

成分…水、糖分、窒素、蛋白酵素、糖蜜(モラッセス)、酵素、非イオン系界面活性剤、アミラーゼ、モルト

●メカニズム1:微生物生育を活性化させ急激に分解。自然環境中での処理に最適!

el-n-micro.jpg//el-n-changement.jpg

●メカニズム2:優れた界面活性作用により劇的に油膜を分解。水環境での処理に最適!

el-n-oil.jpg

  • 吹きかけるだけで簡単に油膜を除去
    • →除去された油と噴霧したリキッドは環境中で速やかに分解されます。
  • 地場微生物活性化により油分解を促進
    • →環境省油汚染対策ガイドラインに沿った浄化に適しています。
  • 弊社酸素除法物剤との併用が可能
    • →地下の油汚染にも効果を発揮します。

有機物
原油、重油、ガソリン、ジェット燃料、不凍液、植物油 等炭化水素
その他処理例
バッテリー液漏れ(※バッテリー液は希硫酸ですが、水で十分薄めれば微生物の栄養になります)


(関連商品「エコットスポンジ」を併用)

el-n-how1.jpg
STEP 1

5~10倍希釈したエコットリキッドを、油漏れ箇所全体にかけます。油分が表面に浮いてきます!(※エコットスポンジを併用せず、エコットリキッドのみご使用の場合は、このあと水で洗い流してください)

el-n-how2.jpg
STEP 2

エコットスポンジを、全体を覆うようにまんべんなく振りかけます。

el-n-how3.jpg
STEP 3

デッキブラシ等でエコットスポンジをしっかりと塗し、約5分間放置して油を吸着させます。

el-n-how4.jpg
STEP 4

掃除用具で、油を吸着したエコットスポンジを回収します。回収しきれない場合は、STEP 1~4を数回繰り返します。

el-n-how5.jpg
STEP 5

回収後、2時間以上放置して土壌へ。エコットリキッドによって活性化した微生物が油を分解します。

mini-使用方法.png
※エコットリキッドの希釈は、必ず使用する直前に行ってください。

(流出事故)ガソリンなどの軽質油系に対して

  • 最初に流出油の量を確認してください。
  • 流出油1リットル当り10mlのエコットリキッドを用意してください。
  • 流出量と同量の自然水(淡水もしくは海水)に希釈してください。(1:100に希釈
  • 希釈水を流出油に噴霧してください。
  • コンクリート上なら20分待って洗い流してください。
  • 土壌上ならそのまま生分解させてください。

(流出事故)C重油、エンジンオイルなどの重質油系に対して

  • 最初に流出油の量を確認してください。
  • 流出油1リットル当り20mlのエコットリキッドを用意してください。
  • 流出量と同量の自然水(淡水もしくは海水)に希釈してください。(1:50に希釈
  • 希釈水を流出油に噴霧してください。
  • コンクリート上なら20分待って洗い流してください。
  • 土壌上ならそのまま生分解させてください。

(2500PM以下の土壌汚染)ガソリンなどの軽質油系に対して

  1. 最初に処理する汚染土壌の量を確認ください。
  2. 汚染土壌1m3当り1リットルのエコットリキッドを使用してください。
  3. 30倍の自然水(淡水もしくは海水)で希釈してください。(1:30に希釈)
  4. 出来る限り土壌を攪拌して(ほぐす)エコットリキッドと土壌が混じりやすいようにして下さい。
  5. 希釈水を汚染土壌に噴霧し、丁寧に攪拌してください。
  6. 毎週攪拌し、湿度を30%に保ってください。

(2500PM以下の土壌汚染)C重油、エンジンオイルなどの重質油系に対して

  1. 汚染土壌1m3当り2リットルのエコットリキッドを使用してください。
  2. 30倍の自然水(淡水もしくは海水)で希釈してください。(1:30に希釈)
  3. 出来る限り土壌を攪拌して(ほぐす)エコットリキッドと土壌が混じりやすいようにして下さい。
  4. 希釈水を汚染土壌に噴霧し、丁寧に攪拌してください。
  5. 毎週攪拌し、湿度を30%に保ってください。

(2500PM以下の土壌汚染)噴霧方法

少量の流出事故なら3~5リットルの市販の噴霧器によって噴霧してください。
多量の場合、噴霧の希釈率を流出油の種類によって1~4%に調節して噴霧してください。

緊急オイル流出対応
防衛庁、国土交通省、海上保安庁、道路公団、消防署、 民間汚染処理業者等
石油関連業界
油井、製油工場、石油貯蔵設備、給油所等
製造業界
化学製品製造業、自動車製造業、重機製造業、 油圧機械製造およびその整備業、印刷業界など。
輸送業界
海上輸送会社、空港、鉄道、運輸会社、バス会社等
その他用途
土壌改良剤

ISO14001を取得しているもしくはしようとしている事業所に効果的